『アナタのため』
 
アナタのためにやったのに
アナタのために言ったのに
アナタのために買ったのに
アナタのために・・・
 
自分で『アナタのために…』を使うとき大抵は見返りを求めているものです
 
やってあげたんだから、当然~
言ってあけだんだから、当然~
買ってあけだんだから、当然~
 
 
はっきり言って迷惑です
 
 
そんなの望んでないし 頼んでないし 
 
見返りを求めて行ったことは、実は相手は「心地が良くない」ことが多い
 
 
ではどうしたらいいか・・・
 
アナタが喜ぶと思って、
アナタを喜ばせたくて、
 
ワタシ がやりたいからやった
ワタシ が言いたいから言った
ワタシ が買いたいから買った
 
それは、もし相手が意図としてないことでも「嬉しく」感じられるもの
 
って私は思っています
 
なので、ワタシのため だ・け・に やってくれなくていいですからね
って念のため伝えておきます
 
ワタシはアナタが楽しそうに嬉しそうに面白そうにしていてくれることの方が、よっぽど嬉しいですから
 
これ『シャンパンタワーの法則』って言うんですけどね、一番上の自分のグラスがカラカラの状態で誰かに何かをしたことって実は相手にとってものすごく負担に感じるものなんです
 
そんなに無理してやらなくていいよ
そんなに辛そうにやらなくていいよ
そんなに我慢してやらなくていいよ
 
相手はそんな風に感じています
 
逆に、
一番上を自分のグラスが満ち溢れ、それによってその下の家族や友人、同僚やお客様にして差し上げたことは、アナタが楽しそうに嬉しそうにしている姿からたくさんのギフトを受け取っています♪♪
 
だからまず、アナタのグラスを満たすことから初めてくださいね
 
ワタシは
アナタがアナタらしく ありのままに 素直に 好きなことを やりたいことを やり続けられることを応援しています 
 
それがワタシのグラスを満たすことの1つです♪